Clearview AIの顔認識データベース、米企業への販売を中止

Carrie Mihalcik (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2022年05月10日 12時29分

 顔認識システムを手がけるClearview AIは、米国のほとんどの民間企業や個人に対する顔認識データベースの販売を取りやめる。これは、イリノイ州の連邦裁判所で米国時間5月9日に届け出があった、米国自由人権協会(ACLU)との和解案の一環だ

顔認識のイメージ
提供:James Martin/CNET

 Clearview AIは、インターネットと人気ソーシャルメディアサイトを巡回し、同意を得ずに人物の画像を収集することで、200億件を超えるという顔画像で構成されるデータベースを構築しているとして、批判を浴びてきた。同社のソフトウェアは、米国の警察や、米連邦捜査局(FBI)、米国土安全保障省などの政府機関に利用されてきた。

 ACLUは2020年、イリノイ州の生体情報プライバシー法(BIPA)に違反しているとしてClearview AIを提訴した。この法律は、生体情報の収集を規制する数少ない州法の1つだ。

 The New York Timesによると、この和解案では、連邦政府および州の機関、米国の一部の銀行や金融機関に対しては、Clearview AIは今後もデータベースを販売できるという。

 ただしACLUによると、イリノイ州では今後5年間、あらゆる民間企業、および法執行機関を含む州または地方の機関にデータベースを利用させることが禁じられるという。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]