新たなメタバース「Otherside」の土地、購入殺到でイーサリアムに一時影響

Daniel Van Boom (CNET News) 翻訳校正: 中村智恵子 高森郁哉 (ガリレオ)2022年05月02日 12時34分

 人気NFTコレクション「Bored Ape Yacht Club」を手掛けるYuga Labsは米国時間4月30日、同社のメタバースプロジェクト「Otherside」の一環として、メタバース内の10万点の土地証書からなるNFTコレクションを売り出した。このコレクションへの関心は過剰に膨れ上がり、イーサリアムのブロックチェーンで処理できる範囲を超えた。ユーザーらは失敗した取引のために数千ドルの手数料を支払う羽目になった。

Otherside
提供:Yuga Labs

 Yuga Labsはイーサリアムに及ぼした影響について謝罪し、取引が失敗したユーザーには手数料を払い戻すとツイートした。

 OthersideはYuga Labsが手がけるメタバースで、20万区画の土地で構成される仮想世界であり、その土地はNFTとして購入、所有、取引される。NFTとして販売される土地という概念は分かりにくいが、取引を行う人々は、頻繁に訪れるメタバースの土地が高騰することを期待している。「フォートナイト」のようなゲーム世界の中心地にある建物を所有し、それを使って好きなことができると想像してみるといい。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]