発売から50周年、テクニクス「SL-1200」シリーズを写真で振り返る

加納恵 (編集部)2022年05月06日 08時00分
 パナソニックが「テクニクス」ブランドで展開しているアナログプレーヤー「SL-1200」シリーズが発売から50周年を迎えた。DJ用として知られる同シリーズは、2010年のテクニクスブランド終了とともに、一旦は生産を停止。その後ブランド復活後の2016年に再発売した。

 50周年の記念イヤーとなる2022年は、4月に記念モデル「SL-1200M7L(エムセブンエル)」を発表。グローバルで1万2000台の限定モデルとなり、7つのカラーで展開する限定デザインを採用する。ここでは、最新モデルSL-1200M7Lから、1972年に登場したスタンダードモデル「SL-1200」までの主要モデルを写真で振り返る。

 パナソニックが「テクニクス」ブランドで展開しているアナログプレーヤー「SL-1200」シリーズが発売から50周年を迎えた。DJ用として知られる同シリーズは、2010年のテクニクスブランド終了とともに、一旦は生産を停止。その後ブランド復活後の2016年に再発売した。

 50周年の記念イヤーとなる2022年は、4月に記念モデル「SL-1200M7L(エムセブンエル)」を発表。グローバルで1万2000台の限定モデルとなり、7つのカラーで展開する限定デザインを採用する。ここでは、最新モデルSL-1200M7Lから、1972年に登場したスタンダードモデル「SL-1200」までの主要モデルを写真で振り返る。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]