動画配信サービス「CNN+」、開始から1カ月で終了へ

Andrew Blok (CNET News) 翻訳校正: 編集部2022年04月22日 09時15分

 わずか1カ月前に提供を開始したばかりの配信サービス「CNN+」が終了するという。複数の報道機関が報じた。このサービスは、提供元のWarnerMediaがDiscoveryと合併する直前の3月29日に提供を開始した。数億ドルが投じられていたにもかかわらず、4月30日に終了することが21日、CNN+の従業員らに告げられたと、米CNNが伝えている。

CNNのロゴ
提供:SOPA Images/Getty

 ライブニュースや独自番組、インタビューを提供していたCNN+には、最初から不穏な兆候があった。Warner Bros. Discoveryの最高経営責任者(CEO)であるDavid Zaslav氏は、CNN+が合併直前に提供開始されたことに「いら立って」いたと、Varietyは報じている

 CNN+の責任者であるAndrew Morse氏は退職する予定だと報じられている。

 CNN+の加入者数は発表されていないが、4月に入ってからの各種報道では、デイリーユーザーは1万人未満とされていた。利用料金は月額5.99ドル(約770円)または年間59.99ドル(約7700円)。CNNによると、顧客には未使用分を按分して返金が行われるという。

 Warner Bros. Discoveryはコメントの依頼にすぐには応じなかった。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]