ユービーアイソフト、PCゲームサブスク「Ubisoft+」の日本サービスを開始

佐藤和也 (編集部)2022年04月13日 19時08分

 ユービーアイソフトは4月13日、Windows PC向けサブスクリプションサービス「Ubisoft+」の日本サービスを開始した。価格は月額1500円。

 Ubisoft+は、最新作やそのダウンロードコンテンツ、また過去のライブラリなど100以上のゲームをダウンロードしてプレイすることが可能となるサブスクリプションサービス。海外では、すでに2019年から北米と欧州などでサービスを開始している。

 主なタイトルとしては「レインボーシックス エクストラクション」や「ライダーズリパブリック」、「ファークライ6」、「アサシン クリード ヴァルハラ」「ウォッチドッグス レギオン」、「レインボーシックス シージ」、「ディビジョン」シリーズ、「ゴーストリコン」シリーズ、「フォーオナー」、「アノ1800」、「The Settlers」など。これらを含む100以上のゲームのダウンロードが可能としている。

 Ubisoft+加入者は、毎月カスタムアイテムやブースター、ゲーム内で使える特典などのリワードが獲得できる。リワードランクにはブロンズ、シルバー、ゴールド、プラチナがあり段階的にランクアップ。上のランクに行くほど、より多くのリワードを獲得することができるという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]