Blue Origin、4回目の有人宇宙飛行に成功

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2022年04月01日 12時28分

 Amazonの創業者Jeff Bezos氏が設立した宇宙開発企業Blue Originは米国時間3月31日、4回目となる宇宙飛行ミッションの打ち上げに成功し、乗客6人を宇宙空間に送り込んだ。10分4秒に及んだこの飛行は、急成長する民間宇宙産業をリードする企業の1社であるBlue Originにとって新たな節目となる。

提供:Blue Origin
提供:Blue Origin

 宇宙飛行士Alan Shepard氏にちなんで名付けられたBlue Originの再利用可能なサブオービタル(準軌道)ロケットシステム「New Shepard」にとって、今回の旅は20回目のミッションとなった。中部夏時間の午前8時57分55秒に打ち上げられたNew Shepardは、最大上昇速度が時速2236マイル(約3600km)に達した。乗組員用カプセルは対地高度(AGL)が最大106kmとなり、地球大気圏と宇宙空間の境界線と見なされる「カーマンライン」をわずかに越えた。

 この飛行では、Blue OriginのチーフアーキテクトであるGary Lai氏に加えて5人の顧客が料金を支払って搭乗した。実業家のMarty Allen氏、不動産開発業者のMarc Hagle氏、同氏の妻で非営利団体Spacekids Globalを設立したSharon Hagle氏、起業家のJim Kitchen氏、Commercial Space Technologiesの社長を務めるGeorge Nield博士だ。Blue Originは、今回の宇宙飛行の料金を公表していない。

 Bezos氏自身は2021年、弟のMark Bezos氏、宇宙飛行士の候補だったWally Funkさん、18歳のOliver Daemenさんとともに、New Shepard初の有人宇宙飛行に乗組員として参加した。その後2回の飛行では、俳優のWilliam Shatner氏やテレビ番組「Good Morning America」の司会者Michael Strahan氏などの著名人が乗組員として参加し、話題を集めた。

 Blue Originと競合するVirgin Galacticは2021年7月、創業者のRichard Branson氏を含む6人が搭乗した同社初の有人宇宙飛行を成功させ、Blue Originに先んじた。しかし、Virgin Galacticはそれ以降、有人ミッションを実施していない。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]