東映アニメ、不正アクセスで放映スケジュールに影響--「ワンピース」や「プリキュア」など

飯塚 直 佐藤和也 (編集部)2022年03月11日 16時29分

 東映アニメーションは3月11日、3月6日に発生した第三者によるネットワークへの不正アクセスを受け、社内システムを一部停止していることを発表。同社製作のテレビアニメの放映スケジュールにも影響が発生することもあわせて発表した。

 同社では、テレビアニメ「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」「デリシャスパーティ プリキュア」「デジモンゴーストゲーム」「ONE PIECE」の放映スケジュールに影響があるという。

 「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」については、3月12日の放送を予定していた「第73話「炎の中の希望」」については放送を延期。「ドラゴンクエスト ダイの大冒険 ベストセレクション」として「第31話「父と子の戦い」」を放送する。

「デリシャスパーティ プリキュア」については、3月13日に予定していた第6話の放送を延期。代わりに「デリシャスパーティ プリキュア おさらいセレクション」として第4話を放送する。

「デジモンゴーストゲーム」と「ONE PIECE」については、3月20日以降の放送予定について、公式SNSにて改めて発表するという。

 同社では、「毎週、心待ちにされているファンの皆様に、ご心配をおかけいたしますことを深くお詫び申し上げます。」とコメントしている。

 なお、3月7日の発表では、外部の専門機関による調査も実施し、顧客や取引先に関する情報や個人情報が含まれているかなどを確認中だとしていたが、詳細は現在も調査中だという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]