ドコモ×花王、ヘルスケア領域で協業--dヘルスケアと花王の新技術を活用

 NTTドコモは2月28日、花王と両社のもつ基盤を活用した協業について合意したと発表した。

キャプション

 同社は、AI技術の活用により、さまざまな疾患リスクおよび、健康状態を推定する取り組みを推進してきた。

 今回、同社のスマートフォン向け健康管理・増進アプリ「dヘルスケア」における利用者の日々の記録データの一部を、花王がPreferred Networksの協力により新開発した仮想人体生成モデルと組み合わせることで、健康や生活などに関する1600項目以上のさまざまなデータの推定を可能とした。

キャプション

 花王の仮想人体生成モデルは、健康診断などで得られる身体に関する項目から、ライフスタイル(食事、運動、睡眠など)や性格傾向、嗜好性、ストレス状態、月経などの日常生活において関心の高い項目まで、1600以上の項目を網羅的に備え、これらがどのようなパターンで現れるのかを示すことができる統計モデル。

 ある項目のデータを入力すると、別の項目の推定データを出力することが可能。また、入出力する項目は、備えられたすべての項目から自由に設定できるという。

 なお、dヘルスケアの記録データをドコモが花王に提供する際は、利用者が特定されない範囲にし、加えて利用者の同意を必要とする。

キャプション

 推定した各データをもとに、dヘルスケアなどと連携することで、ひとりひとりに適した健康行動のアドバイスに加え、ライフケア関連商品・サービスの提案を実現。利用者がより健康を実感できる社会を目指す。

 今後両社は、花王のデジタル・ライフ・プラットフォーム事業および、同社のヘルスケア・プラットフォーム事業、双方におけるパートナーとして、さらなる協業を検討するとしている。

キャプション

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]