東京ドーム巨人戦がSuicaのタッチ入場に対応--「完全キャッシュレス化」の一環で

飯塚 直 藤代格 (編集部)2022年02月25日 10時00分

 読売巨人軍、読売新聞東京本社、JR東日本メカトロニクスの3社は2月24日、東京ドームで開催するプロ野球の巨人戦に、「Suica」「モバイルSuica」を活用した入場システムを導入すると発表した。

 東京ドームのゲートにリーダーを設置。購入したチケット情報と所有するSuicaのID番号を専用サイトに事前登録すれば、Suicaのタッチで入場できるという。2022年シーズンの東京ドーム開幕戦となる、3月25日の対中日戦から開始する。

 入場システムの構築には、さまざまな認証媒体の各種IDを連携できる、JR東日本メカトロニクスのクラウド型プラットフォーム「ID-PORT」を活用。読売巨人軍公式ファンクラブサイトから無料で取得できる「GIANTS ID」と、SuicaのID番号を連携させるという。

 
 

 今回の入場システムの導入は、3月から東京ドーム場内で実施する「完全キャッシュレス化」に伴う動きで、公共交通機関の利用から巨人戦の入場、東京ドームでの飲食、物販の利用、チャージまでを1枚のSuicaで対応できるようになる。

キャプション

 また、東京ドーム場内の完全キャッシュレス化と、Suicaでの東京ドーム巨人戦入場システムの導入に合わせて、「ジャイアンツオリジナル券面Suica」の提供も開始する。

 シーズンシート契約やチケット購入、GIANTS ID会員を対象とした「ジャイアンツオンラインストア」での商品購入特典として用意するという。

ジャイアンツオリジナル券面Suica
ジャイアンツオリジナル券面Suica

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]