マーベラス、独自のエモーショナルAIシステムを搭載したジュブナイルRPG「LOOP8」

 マーベラスは2月10日、独自のAIを活用した新作RPG「LOOP8(ループエイト)」を発表した。対応機種はNintendo Switch/PlayStation 4/Xbox Oneで、発売時期は2022年を予定している。

 本作は、どこか懐かしい幻想的に描かれた日本を舞台に、8月の1カ月間を繰り返しながら、主人公(高校生)たちの日常生活と、人類の存亡をかけたひと夏の戦いを描く、“ジュブナイル(青春)RPG”とうたう完全新作タイトル。ゲームシステムには、独自のエモーショナルAIシステム(カレルシステム)を搭載。プレーヤーの選択で登場するキャラクターの感情や人間関係も変化し、プレイする度に異なったストーリーが展開。登場キャラクターたちとの人間関係は、バトルにも大きな変化をもたらすという。

 シナリオ・ゲームデザインに芝村裕吏氏、キャラクターデザインには森倉円氏と足立慎吾氏、コンセプトアートにキツネイロ氏、音楽は岩垂徳行氏という、気鋭のクリエーターがそれぞれ担当。開発統括プロデューサーは、宮路洋一氏(ジーク ゲームズ)が務めている。また主題歌「原風景」は、アーティストの七穂さんを起用している。

「LOOP8」スクリーンショット
「LOOP8」スクリーンショット

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]