対価を支払って「TikTok」投稿を依頼した件を謝罪--Twitterインフルエンサーのべ20人に

 バイトダンスは1月25日、同社が運営する「TikTok」において、Twitterのインフルエンサーに対価を支払い、投稿を依頼していた件を謝罪した。

 今回の謝罪は、TikTok内コンテンツの周知を図ることを目的に、2019年7月から2021年12月末までの期間、のべ20人のTwitterインフルエンサーに対価を支払って投稿を依頼した件に対するものとなる。「#PR」などの広告表記が必要とされる商品やサービスの宣伝をするものではないことから、広告表記は不要と認識していたという。

 加えて、同社担当者と当該Twitterインフルエンサーとのやり取りの中で、身分開示などで誤解を招きかねない対応があったという。

 同社では、法令に抵触しないとしつつも、結果として誤認をさせる可能性があり、不信感を持たせてしまったと謝罪。管理体制の徹底に向けた組織体制の見直し、社内ルールの整備に加え、専門家や外部機関などの第三者の知見を取り入れ、再発防止に取り組むとしている。

 また、積極的な情報開示などにより、透明性を高める努力を継続的に行うことで、プラットフォームとしての信頼回復に努めるという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]