600、冷凍パンの無人・キャッシュレス販売「Store600 BAKERY」を展開

 600は1月25日、冷凍パンの無人販売に特化した「Store600 BAKERY」の展開を開始したと発表した。

キャプション

 対象となるのは、東京23区内・100戸以上のマンション。初期・月額費用は無料となる。

 2021年4月にリリースしたマンション専用の無人ストア「Store600」には、「しっかりとした食事をStore600で買えたら嬉しい」「朝食用にパン屋さんのパンを買いたい」というニーズが多くあったという。

 そこで同社では、冷凍パンの無人キャッシュレス販売に特化したStore600 BAKERYの提供を開始することになった。

 マンション共用部に設置されたStore600 BAKERYでは、24時間好きな時に1個から冷凍パンの購入が可能となる。

 決済は、クレジットカードを登録した専用アプリを利用。専用アプリを使って扉に貼られたQRコードを読み取り解錠し、商品の値札部に貼られたQRコードを読み取って決済が行える。

 同社では今後も、マンション内にある無人ストアとして、入居者の暮らしが豊かに・便利になる商品を積極的に販売していくとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]