シャープ「COCORO HOME」から「Philips Hue」の操作が可能に

 シャープは1月25日、グループ会社であるAIoTクラウドのクラウドサービスと、シグニファイジャパンのLED照明機器であるスマートライト「Philips Hue」が、同日より連携を開始したと発表した。

「COCORO HOME」と他社機器・サービスの連携状況
「COCORO HOME」と他社機器・サービスの連携状況

 シャープのスマートライフアプリ「COCORO HOME」で、AIoTクラウドのクラウドサービス「AIoTプラットフォーム」と、シグニファイジャパンのPhilips Hueのプラットフォームを連携させ、COCORO HOMEでPhilips Hueの操作が可能となる。

 これにより、COCORO HOMEの機器リスト画面からLED照明の点灯や消灯の操作ができ、さらに、Philips Hue専用アプリと連携すれば、LED照明の色や明るさなども変更できる。

 また、COCORO HOMEの機器リストで、Philips Hueとシャープ製AIoT家電を統合管理も実現。アプリ内で「まとめて操作」に登録しておけば、帰宅時にエアコン電源オン、給湯器のお湯はり、LED照明の点灯といった、複数の機器を一括で操作できる。

COCORO HOMEで操作できること
COCORO HOMEで操作できること
まとめて操作
まとめて操作

 シャープとAIoTクラウドは、今後もAIoTプラットフォームを通じてさまざまな機器メーカーやサービス事業者のプラットフォームと連携することで、家庭内のIoT機器データを集約し、生活データの分析、活用を進めるとともに、新サービスやビジネスの展開を目指すとしている。

複数機器データの連携による価値創出
複数機器データの連携による価値創出

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]