アマゾン、アパレルの実店舗を開店へ--アプリで選んだ服を試着室で受け取り

Andrew Blok (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2022年01月21日 10時39分

 Amazonは米国時間1月20日、衣料品販売の実店舗「Amazon Style」を2022年内にカリフォルニア州グレンデールで開店すると発表した。現実世界におけるアパレルショッピングに最初の一歩をしるす。対面での体験に、オンラインショッピングのような要素も加えるという。

Amazon Style
提供:Amazon

 Amazon Styleに入った買い物客は、Amazonのアプリを使って試着したい服を選ぶ。選んだ服は、店員によって試着室やレジに運ばれる。パーソナライズされたレコメンデーションも受けられる。

 「顧客は『Amazonショッピング』アプリを利用して商品を試着室に送り、そこでタッチスクリーンを使って他の選択肢を見たり、商品を評価したりできる。違うサイズやスタイルをリクエストすれば、数分以内に試着室に直接運ばれる」(Amazon)

 Amazonによると、商品は「Amazonのフルフィルメントセンターで利用されている高度な技術とプロセス」を生かした店舗のオペレーションによって、試着室のクローゼットに届けられるという。なお、同社の倉庫はこれまで、労働慣行をめぐる論争の的となってきた。

 YouTubeに投稿された動画をみると、ショッピング体験は、大部分が試着室でスマートフォンとタッチスクリーンを通じて行われているのがわかる。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]