京都の任天堂旧本社社屋がホテル「丸福樓」として4月開業

安藤忠雄氏による丸福樓の外観スケッチ
Scroll Right Scroll Left

安藤忠雄氏による丸福樓の外観スケッチ

 ホテルや旅館運営を手掛けるPlan・Do・Seeは1月20日、京都にある任天堂旧本社社屋を活用したホテル「丸福樓(まるふくろう)」を、4月に開業すると発表。1月20日からオフィシャルウェブサイトにて、丸福樓の宿泊予約を開始した。

 丸福樓は、任天堂旧本社社屋を活用したホテルで、7つのスイートを含む全18室。既存の建物と、建築家として知られる安藤忠雄氏が設計監修した新しい建物が融合したものとなっている。名称については、1947年に任天堂の前身である山内任天堂が花札・かるた・トランプの製造や販売をする会社として設立した「丸福株式会社」屋号をホテル名に含めたものとしている。

 既存棟(旧本社社屋)は当時の建築様式や内装を活かした空間、新棟(安藤忠雄氏設計監修)はシンプルでスタイリッシュな居住性の高い空間に。また、全室調度品が異なっているという。

 宿泊プランは、夕食、朝食、客室ミニバー、ラウンジでの飲物や軽食が宿泊料金に含まれているオールインクルーシブとなっている。食事は料理家の細川亜衣氏が監修し、季節の食材を活かした体に優しい無国籍料理のラインアップを、夕食・朝食ともにコース仕立てで提供するとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]