NEC、交差点の状況を測定する実証実験--人の倒れ込みや熊の侵入などを検知、秋田と新宿で

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本電気(NEC)は1月6日、交差点の交通状況の測定やインシデント検知に向けた実証実験を開始すると発表した。

 5GやAI、4Kカメラ映像などの先進技術を活用し、車や歩行者の「交通状況測定」、人物の倒れ込みや害獣の進入といった「インシデント検知」、撮影映像に対する「プライバシー保護対応」のリアルタイムな処理などを実証する。

 
 

 実験場所は、秋田県秋田市大町4丁目地内の交差点(1月6日〜3月15日)と、東京都新宿区新宿副都心四号線入口交差点(1月24日以降〜3月15日)の2カ所。

 同実験は、内閣府が運営する官民研究開発投資拡大プログラム(PRISM)のひとつである「令和3年度 交通信号機を活用した第5世代移動通信システムネットワークの整備に向けた調査検討」に同社が参画して実施するものとなる。

 信号柱に設置したローカル5Gを活用し、高精細な交差点の映像を5GとMEC(エッジコンピューティング)を用いて低遅延で伝送。さまざまなAI技術を用いてリアルタイムに処理を実施する。

 具体的には、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が研究開発を進めるAI技術を流用した交通流解析アプリケーションを用いて、高精細な4K映像から交通状況(車および、歩行者の位置・速度・進行方向)測定の実現性を検証する。将来的には、歩車分離式交差点の交通効率向上、自動運転車を含む走行中の車両に対する注意喚起への応用を想定するという。

 
 

 また、カメラ映像から交差点付近での人の倒れ込みや害獣(熊など)の侵入などのインシデントの検知を検証する。人の倒れ込み検知には、行動のサンプルを数秒の映像として与えるだけで、ライブカメラの映像中から類似の行動を検出できる「オンデマンド行動検出」を使用。将来的には、インシデント発生時に交差点のカメラを用いて迅速に状況を確認・対処するなど、街の安全性向上や地域特性に合わせた都市マネジメントに活用することを想定している。

 
 

 加えて、プライバシー保護対応として、映像中の人物の顔部分をリアルタイムで覆い隠す技術を検証する。同検証では、将来的に交差点映像のデータ活用が実用化される際、交通利用者のプライバシーを保護した上で運用することを想定する。

 
 

 同社では、「令和3年度信号5G検討コンソーシアム」(代表企業:三菱総合研究所)の一員として、5G機器を交通信号機に設置。高精細な交差点の映像を5GとMECを用いて低遅延で伝送し、ICTを活用した実際の利用シーンを想定した技術検証を行い、その価値の最大化を検討するために同実験を実施するという。

 同実験での技術検証を生かし、交通事故の抑止、交通渋滞の詳細な把握と緩和、自動運転支援、街の見守りなどに貢献していくことを目指す。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]