Meta、フィッシング詐欺撲滅に向け提訴--約4万件の偽ページを確認

Queenie Wong (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 高橋朋子 (ガリレオ)2021年12月21日 11時09分

 Meta(旧Facebook)は米国時間12月20日、同社プラットフォームのユーザー名とパスワードを盗むフィッシング攻撃を阻止するため、訴訟を提起したと発表した。

Facebookのロゴ
提供:Angela Lang/CNET

 カリフォルニア州北部の連邦裁判所に提出された訴状によると、2019年以降、Facebookや「Instagram」「Messenger」「WhatsApp」のログインページを装ったウェブサイトが3万9000余り作成されたという。Metaは、その背後にいる者たちの身元を特定していないが、攻撃は同社のユーザーを騙し、ユーザー名とパスワードを入力させることを狙ったものだと述べている。

 今回の動きは、世界最大のソーシャルネットワークを提供するMetaが、フィッシング攻撃の撲滅に取り組んでいることを示すものだ。フィッシング攻撃では、偽のウェブサイトや電子メールを作成し、人々を騙して個人情報を提供させようとする。

 フィッシングなどのサイバー犯罪対策に取り組む非営利団体Anti-Phishing Working Group(APWG)は、7月に26万642件のフィッシング攻撃を確認したことを明らかにしている。同団体がこれまで報告した最高記録だ。APWGによると、フィッシング攻撃の件数は2020年から倍増しているという。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]