日本郵便、LINEで作ってLINEに届く年賀状サービス「スマートねんが」を開始

 日本郵便は12月8日、年賀状の購入から作成、送信まですべてメッセージアプリ「LINE」上で完結する年賀状サービス「スマートねんが」の提供を開始した。相手の住所を知らない場合でも紙の年賀状が送れるサービスなども備える。価格はデザインテンプレート5種類で200円(税込)から。

キャプション
「スマート年賀」

 スマートねんがは、複数の年賀状テンプレートがセットになった「年賀状パック」を購入することで利用でき、パックの有効期間中(2022年1月1日~同年2月4日)は何通でも送り放題となるサービス。価格は、トライアルパックが税込200円(5種)、ベーシックパックが税込300円(20種)、プレミアムパックが税込500円(30種)で、各パックの差額を払うことでアップグレードできる。別途、1枚230円(税込)を払えば年賀状を印刷することも可能だ。

料金は3プランに分かれている
料金は3プランに分かれている

 作った年賀状は、相手とのLINEのトーク画面に届く。デジタルならではの動画や動くスタッフ、エフェクト付きのテンプレートなども作成できる。LINEで作成できる手軽さ・即時性を活かし、1月1日に撮影した動画を用いて年賀状を作ることも可能だ。

 また、相手の住所がわからないが紙の年賀状を送りたい場合でも、専用フォームに入力してもらうことで送付できるサービスや、1月10日までに“スマートねんが”に届いた年賀状を見るとLINEポイントが抽選で当たる「スマートねんがくじ」なども展開する。

LINEでも紙でも送れる「スマート年賀」
LINEでも紙でも送れる

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]