テスラの子供用4輪バギー「Cyberquad for Kids」、数日で売り切れ

Sean Szymkowski (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年12月07日 10時48分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Teslaは米国時間12月2日、同社の電気自動車「Cybertruck」を模した電動4輪バギー(ATV)「Cyberquad for Kids」を米国などで発売したが、6日の時点で既に売り切れとなっている。Teslaの直販サイトの同製品のページには「在庫なし」との表示がある。同製品の対象年齢は「8歳以上」。多くの大人が試しにこれに乗ろうとするだろうが、最大積載量は150ポンド(約68kg)であることに注意してほしい。

Cyberquad for Kids
提供:Tesla

 このATVは、リチウムイオンバッテリーを搭載し、最長15マイル(約24km)走行可能だ。最高速度は時速10マイル(約16km)。バッテリーのフル充電には5時間かかる。

 Cybertruckにインスパイアされたデザインで、水平ライトバーと多面体のようなボディーが特徴的だ。フルスチールフレーム、ディスクブレーキ、調整可能なサスペンションも装備されている。重量はわずか122ポンド(約55kg)で、標準的な4輪ATVと比べて非常に軽い。

 価格は1900ドル(約21万5000円)で、安い玩具ではないが、瞬く間に売り切れた。しかもTeslaは、12月のクリスマス前に出荷することを保証していない。ウェブサイトによると、出荷日は2~4週間後だ。今後在庫が追加される可能性はあるが、需要が高いことは確かだ。

Cyberquad for Kids
提供:Tesla

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]