枝を鷲づかみして木に止まるドローンを開発、お手本はハヤブサの足--スタンフォード大学

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スタンフォード大学の研究チームは、鳥と同じように木の枝に止まれるドローンを開発した(発表資料論文)。

鳥と同じように木の枝に止まれるドローン(出典:AAAS)
鳥と同じように木の枝に止まれるドローン(出典:AAAS)

 このドローンは、鳥の足とよく似た「stereotyped nature-inspired aerial grasper(SNAG)」という機構を搭載し、木の枝をつかんで停止できる。SNAGは鳥の足と同じように動き、枝をつかむだけでなく、物をつかんで運んだり、着地したりも可能。

 自然界に存在する枝は多種多様で、二つとして同じ枝はないという。大きさや形が違えば、表面の状態も異なる。それでも、鳥たちはえり好みせず上手に止まる。そこで、ハイスピードカメラで撮影した鳥の動きを調べ、ハヤブサの足を参考にSNAGを開発した。

ハヤブサの足を参考に開発(出典:AAAS)
ハヤブサの足を参考に開発(出典:AAAS)

 SNAGは、3Dプリンターで作った骨格、筋肉として機能するモーター、腱の代わりを務める釣り糸などを組み合わせ、20ミリ秒という短い時間で枝をつかめるようになった。枝をつかむと、ロック機構が働き、ドローンを安定した状態で停止させる。

多種多様な枝に止まり、地面にも降りられる(出典:AAAS)
多種多様な枝に止まり、地面にも降りられる(出典:AAAS)
ものもつかんで運べる(出典:AAAS)
ものもつかんで運べる(出典:AAAS)

 ドローンにSNAGを取りつけると、着陸が難しい環境でも木の枝に止まることが可能だ。そのため、待機するためのホバリングが不要になり、電力消費を抑えられる。

研究の紹介ビデオ(出典:スタンフォード大学/YouTube)


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]