半導体製造のGlobalFoundries、供給不足は2022年も続く見込み

Tiernan Ray (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年12月01日 13時26分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 半導体受託製造大手のGlobalFoundriesは米国時間11月30日、上場企業として初めてカンファレンスコールを開催し、2022年も半導体チップの製造に用いるウエハーの確保の問題に直面する見込みだとアナリストらに伝えた。

 最高経営責任者(CEO)のThomas Caulfield氏は「2022年に重要な顧客に提供する商品の不足に引き続き対処しており、いかに生産を増やし、いかに適切なバランスと配分を実現するかという点を考えている」と述べた。

 同社はAMDのほか、Qualcomm、NXP Semiconductors、Qorvo、Skyworks Solutions、さらに自前のチップ工場を持つサムスンを含む、世界トップのチップメーカーから製造を受託している。

 GlobalFoundriesは10月、あらゆる製品においてチップの需要が回復し、AppleやAmazonといった企業を揺るがすチップ不足が発生する中で上場した。

 同社の最高財務責任者(CFO)David Reeder氏はアナリストに対し、「生産能力は限られている」一方で、「目前のかなり強い需要」があると語った。

 Caulfield氏は、この四半期にウエハー生産能力を前年同期比で12%増やす見込みだと話した。独ドレスデンの工場では、生産能力を16%増やすという。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]