損保ジャパン、AIが保険金支払を自動判定するシステム開発--2022年に導入へ

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 損害保険ジャパン(損保ジャパン)は11月30日、メッセージアプリ「LINE」で提供中の「SOMPOらくらくスマート請求」に、事故状況やケガ内容などを入力するとAIが保険金支払い可否を判断するシステムを2022年度に導入すると発表した。SOMPOリスクマネジメント、Automagiと共同開発したもので、最短30分で請求手続きが完了するという。

LINEでの問い合わせイメージ
LINEでの問い合わせイメージ

 これは事故受付のさいに顧客から入力された事故状況などを、保険約款に照合し、支払い可否を判断するシステム。同社によれば国内初の試みという。入力された内容でAIが判断出来なかった場合は、顧客に事故状況を問い返して再度情報収集する。

年中無休で事故受付から請求手続きまでシームレスに対応できる
年中無休で事故受付から請求手続きまでシームレスに対応できる

 従来は、事故受付後に保険金支払担当者が判断する流れだったが、システムの導入により年中無休で対応可能となる。なお、AIで判定困難な場合は、バックオフィスの担当者がサポートするという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]