Spotify、有料ポッドキャスト配信を可能にするサブスクを米国外でも開始--日本はまだ

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Spotifyは、米国でのみ提供していたポッドキャスト配信者向け収益化サービス「Podcast Subscriptions」の対象地域を増やし、新たに33の国と地域でも提供すると発表した。ただし、日本はまだ対象に含まれていない。

米国以外でもPodcast Subscriptions(出典:Spotify)
米国以外でもPodcast Subscriptions(出典:Spotify)

 Podcast Subscriptionsは、クリエイターが有料のサブスクリプション型ポッドキャスト番組を配信し、リスナーから料金を受け取れる仕組み。Spotifyの音楽配信サービスにおけるサブスクリプションとは独立している。2021年4月に試験提供を一部ユーザー限定で開始し、8月より米国内の全ユーザー向けに提供してきた。

 同サービスを利用すると、特別番組の配信やメールでの情報発信といった優待サービスを、料金を支払ったリスナーだけに提供できる。番組の配信や設定には、Spotifyのポッドキャスト管理ツール「Anchor」を使う。Anchorを介すと、Spotifyやその他プラットフォームへ配信したり、RSSフィードを提供したりすることも可能。

他プラットフォームへの配信も可能(出典:Spotify)
他プラットフォームへの配信も可能(出典:Spotify)

 クリエイターが設定可能な料金は、月額0.49ドル(約56円)からの20段階。手数料として5%をSpotifyに支払うが、2023年までは期間限定無料の予定。

設定可能な料金は月額0.49ドルから(出典:Spotify)
設定可能な料金は月額0.49ドルから(出典:Spotify)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]