スターバックスとアマゾン、レジなし共同店舗をNYで開店

Marcos Cabello (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年11月19日 08時07分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Starbucksは米国時間11月18日、ニューヨーク市のパークアベニューとレキシントンアベニューの間に、「Amazon Go」の「Just Walk Out Shopping」体験を導入した新店舗をオープンした。この技術によって、顧客はコーヒーや紅茶、軽食を受け取り、レジの前にとどまることなく店を後にすることができる。

ニューヨークの新店舗
提供:Starbucks

 このコンセプトストアはAmazonとStarbucksの製品を組み合わせているため、Starbucksの他の店舗と同じようにドリンクを購入するために立ち寄れるだけでなく、「Amazon Shopping」アプリを起動して「In-Store Code」を使うか、手のひらの掌紋を認証して本人確認する「Amazon One」を使って、店内のAmazon Goマーケットや座席を利用できる。Amazon Goマーケットの利用方法は他のAmazon Go店舗と同じで、陳列棚の軽食を手に取ると、それが自動的に自分の仮想カートに追加される。

 このAmazon Goマーケットには、サンドイッチ、サラダ、ベーカリー、朝食など、StarbucksとAmazon Goの通常の店舗で販売されている商品が並ぶ。

 StarbucksはAmazon Go導入店を3店舗オープンする計画で、これはその1店舗目だ。次の店舗は2022年にタイムズスクエアで開店を予定している。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]