「iPhone」に自動車衝突検知と緊急通報の機能、2022年に導入計画か

Sean Szymkowski (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年11月02日 10時48分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは、「iPhone」と「Apple Watch」に2022年、「衝突検知」機能を導入する計画だという。The Wall Street Journal(WSJ)が報じた。WSJによると、ユーザーは、システムが自動車との衝突を検知した場合に、自動で911に緊急通報するようデバイスで設定できる可能性がある。

iPhone
Stephen Shankland/CNET

 この種の機能は自動車業界で新しくはないが、そのようなシステムがiPhoneに追加されれば、より広範に人々がこの技術を利用できるようになるかもしれない。WSJの記事によると、Appleのシステムはセンサーを使用して加速度の急激な増加を測定し、自動車衝突事故に関連付ける。米CNETはWSJの報道について、Appleにコメントを求めたが回答は得られていない。Appleは最終的にこの機能をリリースしないと判断する可能性もあるという。

 衝突検知と自動通報に関する今回の報道に先立ち、Appleは「CarPlay」を自動車のさらに多くの部分に拡大したい考えだとの報道があった。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]