ロボット犬「Spot」、ローリング・ストーンズのものまねを披露

Amanda Kooser (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年11月01日 13時20分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 最高のロボット犬が最高のロックバンドのライバルになった。Boston Dynamicsの不気味でかわいいロボット「Spot」がThe Rolling Stonesの1981年のヒット曲「Start Me Up」(これは「Windows 95」のコマーシャル曲だった)へのトリビュート動画の中で、Mick Jagger氏のような最高の動きを披露している。

The Rolling Stonesと「Spot」
Mick Ronnie Wood氏、Jagger氏、Keith Richards氏、ほとんど驚異的な類似性だ。
提供:Video screenshot by Amanda Kooser/CNET

 このビデオは、The Rolling StonesのフロントマンだったJagger氏の80年代の全盛期のダンスと歌を、Spotが模倣する様子を映している。これだけでも凄い話だが、ビデオはその後、バンドの各パートをSpotが担当して、このセクシーな曲を披露する様子を映している。


 ビデオにはSpot版のJagger氏、Spot版のKeith Richards氏、Spot版のRonnie Wood氏とCharlie Watts氏が登場する。高名なドラマーであるWatts氏は8月、米国ツアーの前に他界している。鋭い視聴者は、ベーシストのBill Wyman氏にあたるSpotが省かれたことを疑問に思うかもしれない(同氏は90年代初頭にThe Rolling Stonesを脱退した)。

 Spotはこれまでにもダンスを披露した実績があり、K-POPの大スターBTSとコラボした動画が有名だ。医療ヘルパーとして、より実用的な仕事にも従事している。

 オリジナルのミュージックビデオと、そのSpot版を並べたBoston Dynamicsのビデオは、The Rolling Stonesのアルバム「Tattoo You」が発売された時代への、奇妙でありながら愛情のこもったオマージュとなっている。バンドはアルバムの40周年を祝って、未公開のトラックを含む新しいバージョンを発表している。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]