ガストやしゃぶ葉など約2000店以上にロボット導入へ--非接触サービスを求める声

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 すかいらーくホールディングスは10月18日、同社が運営する「ガスト」や「しゃぶ葉」などの約2000店舗において、Pudu Roboticsが開発・生産するフロアサービスロボット「BellaBot」を2022年末までに導入すると発表した。

キャプション

 まずは、2022年4月までに、しゃぶ葉の全店(274店舗)とガストの約700店舗に対して導入。2022年末までに、ガストの約600店舗とその他業態の約400店舗に導入するという。

キャプション

 同社グループでは、2017年1月にセルフレジの試験導入、2019年5月よりキャッシュレス決済の推進、2020年2月に客席にデジタルメニューブックを設置するなど、ITデジタルを活用した顧客満足度の向上や、従業員の働きやすい環境整備に取り組んできた。

キャプション

 昨今、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、非接触のサービスを求める声が増えており、今回導入するフロアサービスロボットは、そうした要望に応えるサービスになる。

キャプション

 なお、ガストとしゃぶ葉の7店舗で実施した実験では、約8割の利用者が評価し、客数増にも寄与しているという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]