Uber Eats、世界共通語の「絵文字」でメニュー検索-インバウンド対応にも

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Uber Eatsは10月11日、フードデリバリーアプリ「Uber Eats」のメニュー検索で、食品や飲み物などを示す30種類超の「絵文字」に対応したと発表した。


 絵文字は世界共通で利用されており、海外への旅行や出張などで現地の言語がわからない際などに役立つとしている。対応する絵文字は、ピザ、ハンバーガー、サラダ、ケーキ、アイスクリーム、ドーナツ、卵、コーヒー、ワイン、グローサリー、日用品などになる。

Androidスマホで、絵文字「ケーキ」を検索
Androidスマホで、絵文字「ケーキ」を検索

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]