ソフトバンクロボティクス、介護施設のリハビリなどで「Pepper」活用実験

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクロボティクスは10月11日、介護事業を手がけるSOMPOケアと共同で、介護施設のレクリエーションやリハビリプログラムに人型ロボット「Pepper」を導入する実証実験を開始すると発表した。

人型ロボット「Pepper」
人型ロボット「Pepper」

 体操やカラオケなどのレクリエーションができる「まいにちロボレク」と、顔認識から個人を特定し、個々人に合った言語系や上肢を動かすリハビリアプリケーション「まいにちロボリハ」をPepperに搭載。SOMPOケアが運営する6施設(介護付きホーム4施設・サービス付き高齢者向け住宅2施設)に各1台導入する。

 超高齢化社会による介護需要の増加と介護人材の不足、加えて新型コロナウイルス感染症の対策として非接触対応が必要となっており、介護の現場ではテクノロジーを活用した業務効率化と介護サービス品質向上の両立が求められている。実証実験の結果などによっては、ほかの介護事業者への展開も検討しているという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]