持続可能な食の未来を描く野外フードコート--東京「Beeat!!八重洲」がオープン

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Beeat!!八重洲実行委員会は、東京駅八重洲中央口正面の場所を活用し、持続可能な食の未来を描く新エリア「Beeat!!八重洲(ビートヤエス)」を10月8日にオープンした。開催期間は、2022年3月末(予定)まで。

キャプション

 Beeat!!八重洲は、「食の未来につながるものがたりの発信」をコンセプトに、食品関連企業・団体や生産業、地域の飲食店、料理人、大学、行政機関、未来を見据える各企業などと共に、持続可能な食の未来を描く期間限定の新エリア(オープンスペース)。

 テーブルや椅子、ベンチ、タープなどが設置され、「おいしい食の未来」を体験・楽しめる場所として、コンセプトに共感するパートナーが出店。キッチンカーで食べ物や飲み物などを販売する。

キャプション

 例えば、フジッコは、新しいお豆生活を提案する食品ブランド「Beanus(ビーナス)」の大豆を主原料とした、お米状の食品「ダイズライス」を使ったメニューを提供する。

キャプション

 また、新食材を使ったおいしくてヘルシーなテイクアウト、規格外の野菜や植物工場生産の野菜、環境に配慮した容器などを採用し、「未来の食」をテーマにしたイベントなども実施予定。

キャプション

 加えて、昨今問題となっているフードロスなど「食」にまつわる課題を「テクノロジー」で解決するさまざまな取り組みの体験や、「食」に関する大学生からの提言やアートによる表現も発信していくという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]