ドコモ、マスク姿でも98.9%認証を実現する高速顔認証サービスを開始

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモは10月5日、認識精度99.87%で認識スピードが177msと高速な顔認証サービスを法人向けに提供開始した。


 同社のクラウドサービス「ドコモ画像認識プラットフォーム」に、RealNetworksの顔認証エンジンソフトウェア「SAFR」を搭載し、APIで連携したもので、ディープラーニングを活用。自動改札や入館ゲートでの入退室管理など、高いセキュリティを必要としながらもウォークスルーで認証が求められるケースに対応できる。顔画像は正面からの顔画像1枚のみで、マスク着用時でも98.90%の認識精度という。

 また、複数人いる場面やメガネ・サングラス着用時、マスク着用時、表情をつくっている時、明るさが不十分といった場合でも認識できるほか、写真や動画などでのなりすましも検知する。

なりすましも単体で検知できる
なりすましも単体で検知できる

 映像から個人を特定せずに性別・年齢・表情などの属性推定もでき、来店者分析やデジタルサイネージのコンテンツの出し分けなどでも利用できるとしている。


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]