「USB Type-C」の新たなロゴが公開される--60W/240Wを識別

Adrian Kingsley-Hughes (ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 高森郁哉 (ガリレオ)2021年10月04日 11時54分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 USBの仕様を策定する業界団体USB Implementers Forum(USB-IF)は、60Wまたは240W対応の認証済みUSB Type-Cケーブルについて、一般ユーザーが選びやすくなるよう、それぞれに対応する新たなロゴを発表した。「USB Power Delivery」仕様のリビジョン3.1(USB PD 3.1)に基づいている。

新たなロゴ

 USB-IFのプレジデントを務めるJeff Ravencraft氏は次のように述べている。「USB Type-Cケーブルとコネクターを介して最大240Wに対応するUSB PD 3.1仕様により、電源供給能力がさらに向上するこの時期を、USB-IFはエンドユーザー向け『Certified Logo Program』のさらなる強化と簡略化の好機ととらえた。刷新されたロゴなら、消費者がUSB4の性能と認証済みUSB Type-CケーブルのUSB PD性能を容易に判別できる。こうした新しい規格は、ノートPC、スマートフォン、ディスプレイ、充電器など、拡大を続ける家電のエコシステムを支えるものだ」

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]