2021年上半期のDDoS攻撃、全世界で過去最悪の540万回--半数強がボットネットからの攻撃

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Atlas VPNは、世界各地で実行された分散型サービス妨害(DDoS)攻撃に関する調査結果を発表した。2021年上半期の攻撃回数は540万回弱で、過去最多。前年同期に比べ11%増えた。

2021年上半期におけるDDoS攻撃回数の推移(出典:Atlas VPN)
2021年上半期におけるDDoS攻撃回数の推移(出典:Atlas VPN)

 全体の半数強に相当する280万回が、攻撃用として悪用されたPC群によるボットネットからの攻撃だった。また、1%弱に相当する約4万1000回は、商用VPNサービスを標的にしていた。

 地域別では、欧州/中東/アフリカ地域(EMEA)が200万回強でもっとも多い。2021年6月に発生した上半期最大規模のDDoS攻撃は、ドイツのISPを狙い、毎秒1.5テラバイトの通信帯域が消費されたという。

 ワースト2以下の地域は、北米(約126万回)、アジア太平洋地域(約119万回)、中南米(約56万回)。

地域別の攻撃回数(出典:Atlas VPN)
地域別の攻撃回数(出典:Atlas VPN)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]