フォードなど、テネシー州とケンタッキー州にEVバッテリ工場を新設--1兆2000億円超で

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Ford MotorとSK Innovationは、両社の合弁会社であるBlueOvalSKを通じて114億ドル(約1兆2676億円)投じ、米国のテネシー州とケンタッキー州に電気自動車(EV)用バッテリの工場を新設すると発表した(FordSK Innovation)。これら工場のバッテリ生産は、2025年に開始する計画。

テネシー州とケンタッキー州にEVバッテリ工場を新設(出典:SK Innovation)
テネシー州とケンタッキー州にEVバッテリ工場を新設(出典:SK Innovation)

 テネシー州西部のスタントンに建設する工場は「Blue Oval City」と呼び、敷地面積は3600エーカー(約14.6平方km)ある。1年間の生産バッテリ容量は43GWh。ケンタッキー州の「BlueOvalSK Battery Park」工場は、敷地面積1500エーカー(約6.1平方km)で、1年間の生産バッテリ容量は86GWh。両工場の年間生産バッテリ容量は合計129GWhとなり、米国最大規模のバッテリ工場となる。

テネシー州のBlue Oval City(出典:Ford)
テネシー州のBlue Oval City(出典:Ford)

 なお、SK Innovationはジョージア州で2つのバッテリ工場を稼働させる予定。これらとBlueOvalSKの新工場を合わせた年間生産バッテリ容量は150GWhを超え、米国最大のバッテリメーカーになるという。2025年には、世界全体で200GWh相当のバッテリ生産体制を構築するとしている。

SK Innovationがジョージア州で建設中の工場(出典:SK Innovation)
SK Innovationがジョージア州で建設中の工場(出典:SK Innovation)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]