グーグル、日本で「ニュースショーケース」開始--全国紙・地方紙など40社以上が参加

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 グーグルは9月16日、オンラインニュースプログラム「Google ニュースショーケース」の提供を開始したと発表した。朝日新聞、読売新聞、日本経済新聞などの全国紙のほか、河北新報、中日新聞ら地方・ブロック紙、時事通信・共同通信の計40社以上の報道機関が参加している。

ニュースを媒体別にタイル状で表示する
ニュースを媒体別にタイル状で表示する

 掲載ニュースをグーグルが選ぶのではなく、報道機関自らが掲載コンテンツを選んで編集し、対価を得られるのが特徴。地方紙も多く参加しており、ご当地のニュースを知ることもできる。

 ニュースを報道機関ごとに「パネル」に分けて表示し、視覚的にも分かりやすいものとした。このパネルはAndroid・iOS端末モバイルウェブ版のGoogle ニュース、iOSのDiscoverに表示され、報道機関のサイトへ誘導することで、トラフィックをもたらすとしている。

参加する報道機関
参加する報道機関

 また、参加する報道機関に対し、ライセンス契約の一環として、一部の有料コンテンツにグーグルが支払いを行なう。これにより、ユーザーが一部コンテンツに無償でアクセスできるほか、報道機関も自社のニュースサブスクリプションサービス拡大につながるとしている。

 Googleニュースショーケースは、2020年10月より提供を開始。現在は、インド、ドイツ、ブラジル、カナダ、フランス、英国、オーストラリア、チェコ、イタリア、コロンビア、アルゼンチンを含む12カ国以上で1000社を超える報道機関が参加している。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]