LightningからUSB-Cへ--アップル「iPad mini」を刷新、「過去最大のアップデート」

坂本純子 (編集部)2021年09月15日 04時01分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは9月15日、スペシャルイベントを開催し、新たな「iPad mini」を発表した。同日よりウェブサイトで予約受付を開始しており、発売は9月24日。価格はWi-Fiモデルが5万9800円から、Wi-Fi+Cellularモデルが7万7800円から。

iPad miniの価格はWi-Fiモデルが5万9800円から、Wi-Fi+Cellularモデルが7万7800円から
iPad miniの価格はWi-Fiモデルが5万9800円から、Wi-Fi+Cellularモデルが7万7800円から

 Apple 最高経営責任者(CEO)のTim Cook氏は、「iPad miniは別格の存在。今回、もっとも小さなiPadにこれまでで最大のアップデートをした」と紹介した。

Apple 最高経営責任者(CEO)のTim Cook氏。背景は前世代のiPad mini。第一世代のApple Pencilに対応していた
Apple 最高経営責任者(CEO)のTim Cook氏。背景は前世代のiPad mini。第一世代のApple Pencilに対応していた

 新たに「A15 Bionicチップ」を搭載し、新しいiPad miniは、前世代よりも最大80%高速という。ストレージは、64GBと256GBモデルがラインアップする。

iPad miniのスペックまとめ
iPad miniのスペックまとめ

 iPad miniは、Lightningに代わって新たにUSB-Cポートを搭載。前世代と比べて10倍高速となる最高5Gbpsのデータ転送が可能になるという。カメラや外部ストレージおよび最大4Kのディスプレイなど、USB-Cアクセサリに接続できる。

 USB-Cによって、たとえば写真家がロケーション撮影中にカメラを接続する、医師がリモートで超音波検査を行うのに最適だとしている。

USB-Cを採用した
USB-Cを採用した

 また、コンパクトなサイズ感はそのままに、狭額縁の8.3インチLiquid Retinaディスプレイ(2266 x 1488ピクセル、326ppi)を採用。500ニトの輝度、反射防止スクリーンコーティング、True Toneなどを搭載する。

ディスプレイの拡大に伴い、Touch IDは上のボタンに搭載された
ディスプレイの拡大に伴い、Touch IDは上のボタンに搭載された

 指紋認証の「Touch ID」は、本体上部のトップボタンに搭載。デザインも大きく刷新している。Wi-Fi+Cellularモデルでは5Gに対応するほか、入力デバイスはApple Pencil(第2世代)に対応する。

 サイズは195.4mm×134.8mm×厚さ6.3mm。重さは、Wi-Fiモデルが293g、Wi-Fi+Cellularモデルは297g。カラーはピンク、スターライト、パープル、スペースグレイの4色をラインアップしている。

カラーはパープル、ピンク、スターライト、スペースグレイの4色
カラーはパープル、ピンク、スターライト、スペースグレイの4色

 新しい12MPセンサーと、より一層広い視野角を採用したアップデートされた超広角フロントカメラによって、話者などを常にフレーム内に収める「センターフレーム」に対応した。

12MPカメラを搭載
12MPカメラを搭載

 センターフレームは、ユーザーの動きに合わせて自動的にカメラの向きを変え、ユーザーをとらえ続けるもの。4月に発表されたiPad Proに続き、同時に発表された新型「iPad」でも搭載されている。

 また、バックカメラはFocus Pixels対応の12MPのセンサーとより明るい絞り値を採用。True Toneフラッシュも搭載し、明るさの足りない場所での画像撮影にも最適としている。

専用のカバー「Smart Folio」も合わせて発表された
専用のカバー「Smart Folio」も合わせて発表された

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]