LINE、メッセージ内でキャラが動く「アニメーション絵文字」を発売--ミッキーなど5種

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LINEは9月9日、同社のメッセンジャーアプリ「LINE」の有料コンテンツとして、メッセージ内でキャラクターが動く「アニメーション絵文字」を発売した。同機能はiOS/Android版のバージョン「11.15.0」から対応する。PC版や非対応機種では静止画絵文字として表示される。

メッセージ内で動く「アニメーション絵文字」
メッセージ内で動く「アニメーション絵文字」

 LINEの絵文字は、トークやタイムライン、ステータスメッセージなどで使用されているほか、スタンプの代わりとしても使われている。今回のアニメーション絵文字は、従来の使い方はそのままに、動きが付くことでより細やかな感情を表現できるものだ。

 今回発売されたアニメーション絵文字は、「BROWN&FRIENDS」「スヌーピー」「ドコモ絵文字」「ハローキティ」「ミッキーマウス」の5種で、24個の絵文字を収録する。価格は250円(LINEコインの場合は100コイン)。

 また、2021年秋頃をめどに、クリエイターズ絵文字でもアニメーション絵文字を販売できるようになるという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]