サイバー攻撃を受けた企業、半数が再び被害に遭う--61%は対策もせず放置していた

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Atlas VPNは、サイバー攻撃の被害に遭った企業の多くが再び同じ攻撃者から攻撃される、という内容の調査レポートを発表した。調査対象とした北米、中南米、英国、欧州では、サイバー攻撃を受けた企業の50%が同じ攻撃者からの攻撃を再度受けていた。さらに、攻撃を繰り返し受けた企業の61%は、悪用されたぜい弱性などを放置したままで、適切な対処をしていなかったという。

攻撃を受けた企業の半数が再度被害に遭った(出典:Atlas VPN)
攻撃を受けた企業の半数が再度被害に遭った(出典:Atlas VPN)

 地域別の再攻撃率は、英国の55%がもっとも高いものの、北米が50%、欧州が49%、中南米が48%と大差ない。実行された攻撃や悪用されたぜい弱性のうち多かったものは、「クラウドのぜい弱性」の65%、「サービス拒否(DoS)攻撃」の60%、「フィッシングおよびソーシャルエンジニアリング攻撃」の52%、「悪意のある内部関係者」の45%、「DNSを使った攻撃」の44%。

地域別の再攻撃率(出典:Atlas VPN)
地域別の再攻撃率(出典:Atlas VPN)

 セキュリティを強化するにあたって、多くの企業はセキュリティ対策ツールの誤検知と人材不足が課題だとした。調査対象者の挙げた主な課題としては、「システムが重要でない警告を大量に発する」(69%)、「システムと情報を有効活用する社内人材が不足している」(60%)、「実行すべき作業に対して人員が不足している」(56%)といったものがあった。

セキュリティ強化に対する課題(出典:Atlas VPN)
セキュリティ強化に対する課題(出典:Atlas VPN)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]