プラススタイル、カーテンが自動で開閉する「スマートカーテン」--外出先でもスマホで開閉

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 プラススタイルは9月8日、カーテンの自動開閉を可能にする「スマートカーテン」を発表した。同日より+Style本店で予約を開始し、10月7日に発売する。

「スマートカーテン」
「スマートカーテン」

 スマートカーテンは、カーテンレールにユニットを取り付けるだけで、カーテンの自動開閉を可能にするスマートデバイス。カーテン本体のランナー間に引っ掛けたカーテンユニットがカーテンレールに圧着し、モーターが動作することでカーテンが開閉する仕組みだ。

 掃き出し窓に設置する一般的な厚手の遮光カーテン(丈2.3m)でも動作するパワフルなモーターを搭載しながらも、静音性は50dBA未満に抑制した。バッテリーは単3アルカリ乾電池を3本使用し、最長8カ月稼働。電池交換のタイミングはスマホに通知する。

 カーテンは「オート開閉」「スマホ操作」「音声コントロール」「スケジュール/タイマー」により自動で開閉が可能。

 オート開閉は、手で開け閉めする際の動きをスマートカーテンが代行する機能で、+Styleが特許を取得したもの。カーテンを動かしたい方向へ軽く引くだけで、スマートカーテンがカーテンを動かす。

 スマホ操作は、専用アプリにより、開く・閉まる・停止をリモコン感覚で操作できる。ほかの部屋はもちろん、外出先からも操作が可能で、防犯対策や遮光用途としても利用できる。GoogleやAmazonのスマートスピーカーによる、音声コントロールも可能だ。

 また、平日の目覚まし時間に加え、曜日や時刻、日の入りにあわせてカーテンの開閉スケジュールを設定することも可能。最長で23時間59分後までカーテンの自動開閉を指定できるタイマー設定も備えている。

 本製品は、「カーテンユニット」と「Wi-Fi接続ユニット」の各1台を同梱し、価格は1万3800円。両ユニットをBluetoothで接続して使用する。カーテンユニットは1万800円で追加購入が可能で、両開きカーテンや複数の窓のカーテンを同時に管理・操作することもできる。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]