BONXが総額約7億円の資金調達--デスクレスワーカーの働き方、耳から改革

加納恵 (編集部)2021年09月06日 13時48分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 BONXは9月6日、グロービス・キャピタル・パートナーズ、森トラスト、JR東日本スタートアップなどから、総額約7億円の資金調達を実施したと発表した。調達した資金は、「チームの笑顔と未来をつくる」というBONXのミッション実現に向け「チームワーク」に投資する。

BONXのメンバー
BONXのメンバー

 BONXは、2014年に設立。グループトークソリューション「BONX WORK」と専用イヤホンである「BONX Grip」「BONX mini」「BONX BOOST (2022年発売予定)」を提供し、現場で働くデスクレスワーカーに、最適なチームコミュニケーションを提供している。

 デスクレスワーカーは、日本国内だけで4000万人、グローバルでは約18億人いると言われ、全労働人口の80%を占めているとのこと。BONXでは現場における「声によるコミュニケーション」に注目し、音声DXを推進している。

 今回調達した資金は、さまざまな音声ソリューションをつなぎ込める世界初のオープンな音声コミュニケーションプラットフォームの開発をすすめるとともに、セキュリティ強化や多人数での利用など、エンタープライズ向けの機能拡張をしていくとのこと。また、初期費用0円からBONXを導入できる「BONXサブスクプラン」をリリース。DXプロジェクトのPoCとしての利用や、複数拠点導入前の効果検証などにも利用しやすいプランも提供する。

グループトークソリューション「BONX WORK」と専用イヤホンである「BONX Grip」「BONX mini」
グループトークソリューション「BONX WORK」と専用イヤホンである「BONX Grip」「BONX mini」

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]