ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡のテストが完了、発射準備へ--NASA

Amanda Kooser (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2021年08月27日 12時25分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ようやくのことで、有名なハッブル宇宙望遠鏡(古いことでも有名だ)の強力な後継機である次世代のジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡(James Webb Space Telescope:JWST)がついにテストを完了し、梱包を経て発射地点に輸送する準備が整った。これで、大幅に遅れていたこの宇宙望遠鏡のToDoリストに大きなチェックマークが付いた。

ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡
2020年3月、テスト中のジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡
提供:Northrop Grumman

 米航空宇宙局(NASA)は米国時間8月26日、テストの完了を発表し、「JWSTの多くのテストやチェックポイントは、世界で最も複雑なこの宇宙科学望遠鏡が宇宙空間に入って以降、間違いなく設計どおりに動作するよう計画された」と述べた。


 JWSTは、NASA、欧州宇宙機関、カナダ宇宙庁の共同プロジェクトだ。その目的は、宇宙の起源の謎を探り、過去に目を向けることで、星や惑星、銀河の成り立ちを解明することにある。

 NASAは一時、JWSTを2007年に打ち上げることを目指していたため、テスト終了に2021年までかかったことで、長い道のりとなった。

 JWSTは2021年秋、早ければ10月31日にも、「Ariane 5」ロケットで打ち上げられる予定となっている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]