三菱地所、非接触かつチケットレスの駐車場--自動運転車受け入れも視野

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 三菱地所パークス、三菱地所、三菱地所リアルエステートサービスは8月25日、自動運転車やコネクティッドカーの受入れを視野に入れ、非接触かつチケットレスで精算、入庫、出庫ができる、駐車場管理クラウドシステム「CREPE」を構築した。

駐車場管理クラウドシステム「CREPE」の利用方法と外部連携のイメージ
駐車場管理クラウドシステム「CREPE」の利用方法と外部連携のイメージ

 三菱地所パークスが管理・運営する、神奈川・横須賀市の駐車場「サイカヤパーキング」(収容台数360台)でモニターを開始し、システムやユーザビリティにおける課題等を検証した後、2022年4月の本格運用を目指す。

 CREPEは、ユーザーID、車両ID、店舗利用データを、駐車場自動精算機やカメラ、ゲートといった場内管制機器と接続して連携処理する、駐車場管理クラウドシステム。駐車場入庫時にカメラが駐車車両のナンバープレートを認証し、出庫時もカメラが車のナンバープレートを認証して、精算済みかどうかを確認する。

 ユーザーは、駐車場利用前にスマホアプリで、駐車車両の自動車登録番号やクレジットカード情報を入力。駐車料金の割引提携がある店舗利用時に、アプリのQRコードを提示すると、アプリに割引情報が付与される。出庫時にアプリ上のキャッシュレス精算ボタンを押すか、QRコードを事前精算機のリーダーにかざすと、割引処理された料金が精算される仕組みだ。

 スマートフォンのQRコードを用いることで、駐車券やサービス券といったチケット類を電子化して省資源化を図るとともに、予約、入庫から精算、出庫までが非接触で可能となる。

 なお、CREPEは、精算機の形式等の諸条件はあるものの、既存の駐車場、駐車場管理事業者も接続、利用が可能。複数の駐車場を同システムで一体管理もできる。また、外部連携を視野に入れたシステム構築をしており、ETCでの車両識別、料金支払いのか、他社の運営するポイントシステムや、駐車場満空情報配信サービスなどとも連携が可能となる。

 今後は、モニターで得られた意見をベースにシステム改修を進め、CREPEの普及を通じて、ユーザーの利便性向上や駐車場管理・運営における効率化、高度化など、課題解決を図るとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]