建設テックのフォトラクションが7.6億円の資金調達--労働力不足にテクノロジーで打ち克つ

加納恵 (編集部)2021年08月25日 10時49分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 建設・土木の生産支援クラウド「Photoruction(フォトラクション)」を運営するフォトラクションは、慶應イノベーション・イニシアティブ(KII)、GMO VenturePartners、DBJ キャピタル投資事業有限責任組合、SMBC ベンチャーキャピタル5号投資事業有限責任組合を引受先とし、総額7億6000万円の資金調達を実施したと発表した。建設業界における生産性向上をテクノロジーよって促し、建設DXを実現していくという。

 フォトラクションは、2016年に設立。建設・土木の生産支援クラウドのPhotoructionは、大手ゼネコンをはじめ、10万を超える建設プロジェクトが利用している。オフィスやマンション、工場といった大型の建設現場で主に使われており、プロジェクト管理のほか、画像の外部共有、図面の位置指定などが可能。加えてデータをアップロードすると専用のオペレーターが業務を代行する建設特化のBPO(Business Process Outsourcing)にも対応する。

建設・土木の生産支援クラウド「Photoruction」と建設特化AI「aoz cloud」を展開
建設・土木の生産支援クラウド「Photoruction」と建設特化AI「aoz cloud」を展開

 フォトラクション社内には建設技術オペレーターを抱え、建設業界に知見のあるスタッフが業務を請け負うことで、建設現場の人手不足をサポート。労働人口が100万人減ると言われる、「2024年問題」に真っ向から取り組む。

 「Photoructionで蓄積したデータとBPOで培ったナレッジを学習させることで、AIを使ってオペレーションを自動化するAI-BPOを目指す。現場を包括的に支援できるオンリーワンツールとして打ち出す」とフォトラクション 代表取締役CEOの中島貴春氏は特徴を説明する。

フォトラクション 代表取締役CEOの中島貴春氏
フォトラクション 代表取締役CEOの中島貴春氏
アプリ、BPO、AIの3つで労働力不足解決を目指す
アプリ、BPO、AIの3つで労働力不足解決を目指す

 今回調達した資金では、開発とカスタマーサクセス、採用と組織体制の強化をしていく予定。「Photoruction事業の拡大を推進する一方、現場での使いやすさを追求し、本当に使われるツールとして認知を高めていきたい。そのために重視するのは開発エンジニアやカスタマーサクセスチームのスタッフ。人に投資していく」(中島氏)と今後の体制を明確に描く。

 中島氏は「AI-BPOは、まだきちんと確立されていない市場だが、根本的に人手不足を解決するソリューションになっていく。この部分に注力していきたい。AI-BPOでできることを増やして、幅広い業務に対応できるよう広げていきたいと思っている」とした。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]