日本コカ・コーラ、「Coke ON Pay」対応の自販機でApple Payに対応

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本コカ・コーラは8月11日、コカ・コーラ公式アプリ「Coke ON」のキャッシュレス決済機能「Coke ON Pay」において、Appleの決済サービス「Apple Pay」への対応を開始すると発表した。

キャプション

 Coke ON Pay対応の自動販売機では現在、PayPay、LINE Pay、楽天ペイ(アプリ決済)、au PAY、d払い、メルペイ、Apple Payなどに対応している。

 また、8月25日からは、全国38万台の「Coke ON」対応の自動販売機にて、iPhone(iOS14以降)などで利用できる「App Clip」にも対応する。

 App Clipは、特定のアプリをダウンロードしなくても、アプリの一部の機能が使えるiOSの機能。Coke ON対応の自動販売機に貼付されている「App Clipコード」をカメラで読み取か、端末をかざすだけで利用可能となる。

 これにより、Coke ONアプリをインストールしなくても、iPhoneなどのiOS端末を利用した決済が可能となる。また、1本購入につき1つのCoke ONスタンプも獲得できる(15個ためて1本分のドリンクチケットが取得可能)。

 さらに、Apple Payへの対応開始に伴い、8月16日から8月29日の2週間「おトクな2週間でApple Payを始めよう!Apple Payで1本買うともう1本もらえるキャンペーン」を実施する。

 同キャンペーンでは、Apple Payで100円以上のコカ・コーラ製品を購入すると、毎週1本購入につき、コカ・コーラ製品1本と無料で交換できる「Coke ONドリンクチケット」1枚が進呈されるという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]