Google、新型スマホ「Pixel 6」をチラ見せ--独自チップ搭載、2021年秋に投入予定

山川晶之 (編集部)2021年08月03日 02時12分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米Googleは8月2日、同社製スマートフォン「Pixel」シリーズの最新モデルである「Pixel 6」「Pixel 6 Pro」の概要を発表した。2021年秋に投入予定としている。日本語のティザーサイトも公開されている。

キャプション

 Pixel 6/6 Proの外観は、「Pixel 4」や「Pixel 5」から大幅に刷新されており、帯状に配置されたカメラユニットが特徴。カラーはそれぞれ3色用意されており、6のフレームにはマット調のアルミを、6 Proには軽くポリッシュされたアルミを採用する。

キャプション
Pixel 6とPixel 6 Proでカメラユニットの位置が若干異なる

 今回、スペックなどの詳細は明かされていないものの、Pixel向けにGoogleが独自設計したSoC「Google Tensor」を搭載すると発表。強力なマシンラーニング性能を提供し、カメラや音声認識などさまざまな機能を強化する。また、新しいセキュリティコアと「Titan M2」も内蔵しており、高いセキュリティを実現するという。

キャプション
Pixel向けに独自設計した新チップを搭載。マシンラーニング性能が強化されているという

 Pixelの大きな特徴でもあるカメラも刷新された。6は、超広角カメラと広角カメラの2眼構成、6 Proはこれに望遠カメラを追加。Pixelシリーズ初の3眼構成となる。画素数や焦点距離などは不明だが、改良されたセンサーとレンズを搭載しているようだ。

 OSは、Android 12を搭載。カラーサイエンスとインタラクションデザインを取り込んだ、新しいデザイン言語「Material You」を採用しており、刷新されたアニメーションやデザインフレームワークが利用できるようになるとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]