アップルの「AirTag」、苦味剤付きの電池が使えない可能性

Patrick Holland (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年07月30日 08時39分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleの紛失防止タグ「AirTag」について筆者が特に驚いた機能の1つは、電池を簡単に取り外して交換できることだ。Appleによると、電池は約1年持続するという。AirTagは4月に発売されたので、電池交換の心配をしなければならなくなるのは、多くのユーザーにとってもう少し先のことだ。しかしその時のために、AppleはAirTagの所有者に対し、苦味剤がコーティングしてある電池は使えない場合があると警告している。

AirTagと電池
提供:Patrick Holland/CNET

 電池などの小さな製品には、子供の誤飲を防ぐために苦味剤がコーティングされている場合がある。「Nintendo Switch」のゲームカードにも、ユーザーが舐めたり口に入れたりしないように、類似の苦味剤コーティングが施されている。

 Appleのウェブサイトに公開されたサポート文書には、「苦味剤がコーティングしてある CR2032電池は、コーティングと電池端子との位置関係によっては、AirTagやその他の電池式製品では使えない場合があります」と書かれている。

 Appleはコメントの依頼にすぐには応じなかった。

AirTag
AirTagの電池は簡単に交換できるようになっている
提供:Apple

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]