不眠症の緩和に向けた医療機器--SIXPADのMTG、スリープテック製品

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 EMS機器のSIXPADなどを展開するMTGは7月29日、スリープテックによるトータルソリューションブランド「NEWPEACE」の新商品として、不眠症の緩和を目的とした医療機器「NEWPEACE Medical Sheet」の一般発売を開始すると発表した。価格は5万4000円(税込)。


 NEWPEACE Medical Sheetは、医療機器認証を受けたテクノロジー「電位治療」の機能と、独自の温度調節機能「ヒートナビゲーター」を組み合わせたシート(サイズ:1120×740mm)。

 電位治療器は、家庭用医療機器として不眠症を緩和できる効果があり、シートの上に寝転び、電源を入れるとシート上に電界が発生。電界が身体を包み込むことで、不眠を和らげられるという。


 加えて、睡眠時の体温変化をサポートするヒートナビゲーターにより、睡眠のために必要な「自然な体温の低下」を支援する。入眠時にヒーターで身体を温め、眠ったことをセンサーが感知したら自動でオフとなる仕組みとなっており、睡眠時の理想的な体温変化をサポートする。


 不眠症とは、入眠障害・中途覚醒・早朝覚醒・熟眠障害などの睡眠問題が1カ月以上続き、日中に倦怠感・意欲低下・集中力低下・食欲低下などの不調があらわれる病気のこと。同社によると、日本人の5人に1人が不眠症の疑いがあるという。また、60歳以上になると、約3人に1人が睡眠問題をかかえており、通院している人の20人に1人が睡眠薬を服用しているという。

 なお、46日間の使用後に効果が見られない場合、購入後60日までの間であれば、返品を受け付ける予定。

 

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]