アルヒ、静岡銀行と「フラット35」関連の事務受託を開始へ

加納恵 (編集部)2021年07月29日 16時01分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 住宅ローンの貸し出し、取次業務を手掛けるアルヒの子会社であるアルヒRPAソリューションズは7月29日、静岡銀行と「フラット35」に関する基本合意書を結んだと発表した。フラット35における事前審査、本審査、契約から融資実行までのサポート等の事務を請け負う。10月をメドに業務を開始する。

 ARUHIと静岡銀行グループは、2018年5月に協業を開始。変動金利住宅ローン「ARUHI変動S」の取り扱いを開始しており、今回の基本合意も静岡銀行グループとの協業の一環としている。

 アルヒRPAソリューションズにおける事務受託は、みずほ銀行に次ぎ3行目。アルヒでは、事務受託事業に加え、他の金融機関からのフラット35事業の譲り受けを通じ、ストックビジネスの成長を加速していくとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]