Valve、「Nintendo Switch」に似たPCゲーム機「Steam Deck」を発表

Scott Stein Ry Crist (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年07月16日 07時59分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 PCゲームをポータブルにプレイするための「Nintendo Switch」に似た携帯型ゲーム機をValveが開発しているといううわさが、2021年に入って流れ始めていた。そして今回、Valveは399ドル(約4万4000円)の「Steam Deck」を発表し、米国時間7月16日から予約を受け付けると発表した。米国、カナダ、欧州連合(EU)、英国で12月に出荷を開始し、その他の地域でも2022年に出荷予定だ。

Steam Deck
Steam Deck
提供:Valve

 PCゲーム用の「Nintendo Switch Pro」があったらいいと思っていた人に最適かもしれない。

 Steam Deckは、Nintendo Switchによく似ており、フルサイズのゲーム機に、外部ディスプレイに簡単に接続するためのドックが別売りで提供される。7インチのタッチスクリーン、デュアルトラックパッド、マイクを搭載し、BluetoothとWi-Fiのネットワーク接続に対応し、microSDカードスロット、ヘッドホンジャック、充電/ドッキング/周辺機器接続用のUSB-Cジャックを装備する。バッテリー容量は40Whrで、1回の充電で数時間のゲームプレイが可能だ。電源ボタンを短く押すことで動作を一時停止し、後でその続きから再開できる中断機能もある。

 独自のAMDチップに「Zen 2」CPUと「RDNA 2」GPUが組み合わされており、RAMは16GB、内部ストレージは64GB~512GBとなっている。価格は、64GBで399ドル、256GBで529ドル(約5万8000円)、512GBで649ドル(約7万1000円)。microSDカードスロットによってストレージを拡張することも可能だ。7インチ、解像度1280×800の液晶画面は、次期Nintendo Switchの有機EL画面とサイズが同じで、ピクセル数もほぼ同じだ。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]