短編動画サービス「YouTube ショート」、日本でも提供開始--TikTok対抗

山川晶之 (編集部)2021年07月13日 11時35分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 YouTubeは7月13日、「TikTok」のようなショート動画の撮影から編集、投稿まで可能な新機能「YouTube ショート」のベータ版について、日本でも順次公開すると発表した。

キャプション

 YouTubeショートは、2020年9月に提供を開始した、最大60秒の正方形・縦動画を投稿できる動画サービス。インドを皮切りにこれまで26カ国で提供しており、同日より日本を含む100カ国以上で展開する。同社によると、現時点でのグローバルでの再生回数は1日あたり65億回を超えているという。

 また、新機能として、複数の動画をつなぎ合わせるマルチセグメントカメラ、楽曲を追加する機能のほか、速度の設定などが可能な動画制作ツールを提供する。さらに、グローバル展開に合わせ、動画の特定のポイントにテキストを追加したり、ショート動画に自動でキャプションを追加できるようになったほか、ショートカメラでの撮影時間を最大60秒に、スマートフォンのギャラリーからのクリップ追加、動画へのフィルター適用などが可能になったという。

 そのほか、他のショート動画だけでなく、YouTube全体の動画から音声をサンプリングできる機能も新たに含まれる。YouTubeのコンテンツにユーザー自身なりの工夫を加えて、新しいファンや視聴者と繋がることができるとしている。一方で、クリエイターは、動画のサンプリングを許可するかどうかを設定することができ、希望しない場合にはオプトアウトが可能だ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]